時短のためにここ

アートメイクは補助的役割をするものですから、これをすればメイクが不要というものではありません。入れ墨と同じ方法で肌に色をつけていく施術ですが、基本的はところは自分でするという点で通常のメイクと変わりません。施術が可能なのは眉毛・まつげ・脣・アイラインと目の回りが中心になります。つまりここに女性が最も苦労しているという事なのです。

今後化粧の流行が変わる事もある程度頭に入れておいて無難なイメージで仕上げるのがこつです。数年で確かに色が薄くなりますが完全に脱色する事はありませんから、慎重に色を選ぶ事も大切です。

意外と難しいのが眉毛です。たまに力を入れすぎてやたらそこだけ目立つという人をみかけます。左右対称を意識するあまりどんどん太くなってしまいがちです。しかも日によって感じが違ってしまう事もあり時短メイクを必要とする箇所の1つです。夏に汗をかいて流れてしまうといった事も避けられますから、ここだけでも施術しておきたい場所です。

アイラインも迷う箇所の1つです。あまり際だたせると清楚さが無くなってしまいますし、かとって特につぶらな瞳をしている人の中にはぱっちり目にしたいという人もいるでしょう。まつげのエクステも若い女性の間で大人気ですが、最も時短メイクを必要とする部位かもしれません。